水業界について

【水道民営化】海外の失敗例を日本はどう活かす?

こんにちは、管理人のタオルです。
さて、以下の記事にて、「海外の水道民営化失敗例」のうち最も代表的な2点をご紹介しましたが、それにも関わらず民営化を急行しようとする日本が果たして方向転換をすることは可能なのでしょうか?

あわせて読みたい
水道民営化の「問題点」とは?海外の失敗例から考察こんにちは、管理人のタオルです。 前回、今後水ビジネスに大きな変化をもたらすであろう「水道民営化」について、まずは基本編からお届けして...
あわせて読みたい
水道民営化の「問題点」とは?海外の失敗例から考察②こんにちは、管理人のタオルです。 前回は「今後日本で施行されるであろう”水道民営化”の諸問題」について考察すべく、以前フランスで発生し...
あわせて読みたい
水道民営化の「問題点」とは?海外の失敗例から考察③こんにちは、管理人のタオルです! 前回、前々回と、水道民営化について考えるに当たり「海外での失敗例」を例にあげてみました。 ht...

第一に、問題を100%解決するには「今すぐ水道民営化を撤廃する」ことが最も手っ取り早いものの、改正法が可決されてしまった今、このまま勢いを緩めずゴールまで走り切ってしまうのは目に見えています。

そうなると、問題を少しでも緩和するには「自主的に失敗例から学び、”活かす”姿勢が重要」であることが考えられます。少なくとも、ここでご紹介したイギリス、フランスの「貴重な経験」を活かせば、国民に過剰に負担をかけず民営化を実現できるはずです。

 

課題解決の糸口をつかむ

そこで今回から、イギリス、フランスの例を参考に日本が本格的に水道民営化の導入をスタートした場合を想定して、今後解決すべき課題を明確にしていくつもりです。

 

関連URL

水道民営化の今後を占うためにも「水ビジネスの現状」について知ることは重要だと思うので、よろしければ以下記事をオススメします!

あわせて読みたい
浄水器
日本クリオ、アクアス、ソリューヴは身近なところで新たなニーズ?!家庭用浄水器の革命こんにちは。管理人のタオルです。 前回初めての投稿で水ビジネスの可能性についてご紹介しました。 しかし、大きなことを考えても実際は小...
あわせて読みたい
日本クリオ
日本クリオの「おみずのたび」は業界最安値?広島の水事情とセントラル浄水器こんにちは。管理人のタオルです。 前回セントラル浄水器企業の一部ご紹介させていただきましたので、 今回からは各社の特徴をお伝えしてい...